MENU

もうコンタクトも眼鏡も要らない!

サッカー日本代表のエース、本田圭佑選手が受けて
視力を回復させたことで知られるレーシック手術。

 

その手術の執刀を行ったのが、新宿近視クリニックの安田佳守臣医師です。

 

安田医師は日本国内におけるレーシック手術の第1人者として知られており、
クリニックのスタッフ医師もすべて日本眼科学会が認定する眼科専門医ばかりです。

レーシック手術のベテランである経験値の高い眼科医を揃えた結果、
これまでに60000件以上もの執刀を行って来ています。

 

 

視力矯正術全般に力を入れている新宿近視クリニックでは、
基本的なレーシック手術だけではなく、
切開サイズを極端に小さくすることで患者の負担を小さくしたRelex手術や、
特殊形状のレンズをつけることで角膜の形を矯正する
オルソケラトロジーといったさらなる進化型の視力矯正術を受ける事もできます。

 

カウンセリングを受けたその日のうちに視力回復術を受けたい人にも、
また時間がかかってもいいから切らずに視力を治したい人にも
対応する視力矯正のプロ集団、それが新宿近視クリニックです。