MENU

レーシックと保険

レーシックは社会保険の対象外になりますから実費で手術代を支払わなくてはいけません。しかしレーシックは保険の適応になるということがあります。それは生命保険や医療保険に入っているという人は対象に安っているという人が多いのです。社会保険では対象外なので実費で支払うことになり全額自己負担になるとかなり金銭的に負担が大きいですが、生命保険の給付が受けられると金銭的な負担が減るのではないでしょうか。手術の給付金の対象になるかならないかは、自分が入っている生命保険や医療保険の種類によっても違っていますから、一概にすべての生命保険や医療保険でレーシックが対象になるとはいえません。自分が加入している生命保険や医療保険ではレーシック手術が給付の対象になっているのかどうか電話で直接問い合わせをしてみるといいと思います。問い合わせる際にはレーシックという名前は通称名で正式な医療手術の名前としてはエキシマレーザー角膜屈折矯正手術という名前の手術ですから、この名前を伝えて、給付金がもらえる体操になっているのかどうか、対象となっている場合にはいくらもらえるのか、そして請求するのに必要な書類などについてもその場で確認しておきましょう。医師の診断書などが必要な場合もありますから、あらかじめ保険会社に聞いておいた上で医師の診断書もレーシック手術を受ける際に伝えておくと後から取りに行く手間も省けてスムーズに給付金申請をすることができます。