MENU

レーシックのリスク

レーシックのリスクについてはこれから受けようと思っている人は必ず確認しておいた方がいいでしょう。なぜなら、やはりレーシックは、安全な手術とは言われてはいますが、それなりにリスクは伴う手術なのです。しかしリスクは最小限抑えることは十分に可能です。リスクを抑えるためにはどうすればいいのか、それは安全で信頼できるクリニックを選べばいいのです。では具体的にレーシックであり得るリスクについて合併症を紹介したいと思います。レーシックの合併症についてですが、コントラストが低下してしまうという症状を発症する人がいます。コントラストが低下するというのはどういうことなのかというと、今見ている映像がなんとなく普段より質が下がっているようなことをいいます。またハログレア現象といって夜に外灯を見たりすると光がぼやけたり、眩しく見えるというような症状もあります。そしてドライアイは有名なレーシックのリスクの一つです。手術後に点眼薬が処方されるので、それをつければそれほど心配することはありませんし、3か月もすれば治まるといわれています。レーシックのリスクでは失明のリスクは極めて少なく過去にも一度も失明をしたという人はいません。しかし医師の腕や機器のトラブルによっては、レーシックで事故が起きるということも十分にあり得ることです。ですから信頼できて、実績もあり、安心して受けることができるようなレーシックのクリニックを選ぶことがリスク対策につながります。