MENU

レーシックと乱視

乱視の治療にはレーシックが効果的だと言われています。乱視はなぜ起きるのかというと、角膜がゆがんでしまったことによって起きてしまいます。角膜がゆがむことで卵子ができるのですが、これを正しく治療をする方法として効果的なのがレーザーを使った治療です。レーザーによる乱視の治療としてはレーシックが人気があります。卵子治療でレーシックが行われるようになったのはここ十数年のことです。レーシックで乱視を矯正するにはエキシマレーザーという機械を使ってレーザー治療を行います。角膜を少しめくってフラップというものを作ります。そしてレーザーを当てて元の場所にフラップを戻して完成です。乱視のためにレーシック施術を行うのですが、めくった後のフラップが元のようになるようにするためには、薬液をつけて数分固定して固まるのを待ちます。それで完了です。レーシックによる乱視の治療は角膜にレーザーを当てると聞いただけで痛みを感じると思う人もいるかもしれませんが、治療は痛みがありません。痛みというよりも少し目が圧迫されるような感覚くらいです。レーシックで乱視の治療を受けた後は視力はだいたい次の日には回復するといわれています。レーシックはもともと強い近視の治療として行われていたのですが、それが視力回復の施術として一般的になったのです。安全性についても実証されていますから乱視に悩んでいたという人は、レーシックで治療を受けることを視野に入れてみてはどうでしょうか。