MENU

レーシックの術後

レーシックは術後にいろいろな注意点があります。レーシックの手術を受けた後は日常生活を送る上で色々と気をつけなければいけません。実際にレーシックの手術を受けた後には、医師からも説明があると思いますが、きちんと守ることが大切です。一つ目としてはレーシックの術後というのは薬が処方されますから薬をきちんと指示通りに飲みましょう。ふたつ目の術後の注意点としては、レーシック術後1週間は外出をするときには角膜が傷つかないようにするために保護用のメガネを着用する必要があります。女性でレーシックを受けるという人の場合には、化粧についての制限もあるのです。レーシック術後にはアイメイクは行ってはいけません。そしてスポーツをしているという人の場合には激しいスポーツで衝撃を与えてしまうといけませんから、レーシックの手術の後にはスポーツも控える必要があります。レーシックの術後は特に目の使いすぎや睡眠などについても気をつける必要があり、寝ている間にこすったりしないように、術後3日間は専用の眼帯をつけたうえで寝るということも大切です。レーシックの術後にはこのように日常生活で色々と制限されることや気をつけなければいけないことなどもありますから、十分に医師の説明を守りましょう。守らなければせっかくレーシックを受けたのに目に傷ができてしまったり視力が回復しないなどトラブルにつながりますので注意点だけはよく守っておくことが必要です。