MENU

レーシックとドライアイ

レーシックの手術を受けた人の副作用として一般的に良くあると言われているのがドライアイの症状です。レーシックを受けてからだいたい3か月くらいの間、ドライアイに悩むという人は多いと言われています。レーシックの手術というのは角膜のフラップを作って、その内側の角膜の層を削るという手術になるのですが、角膜のフラップを作ると気には神経を切りますからレーシックの手術が終わってから角膜の感度は手術を受ける前に比べると鈍いということもあります。鈍くなったことから、自然と瞬きをする回数も減ってしまいドライアイの症状につながるといわれています。レーシックを受けてからドライアイの症状を感じるという人はとても多く、目薬を処方してもらって対処している人がほとんどです。しかし時間がたってしまえば神経も回復しますから自然と3か月もすればドライアイの症状が治まるといわれてはいるのですが、場合によってはドライアイがそれ以降一生続いてしまうような人もいるといわれているのでその出方は個人差があり人それぞれ違っています。ドライアイの症状は手術を受けてすぐに出るという人もいれば数週間してから出るという人もいて時期などは個人差があります。もしもドライアイの症状をレーシックの術後に感じるというのであれば、早めに医師に相談をして目薬などを処方してもらって対処した方がいいでしょう。きちんと処置をすればドライアイの症状を抑えることは可能です。