MENU

レーシックと失明

レーシックと失明については今まで一度もないと言われています。これまでに何度となくレーシックの手術は行われています。まだレーシックが導入されてからのに数というのはそれほど歴史が長いということではありませんが、それでも大勢の人がレーシックの手術を受けています。しかし過去にレシックで失明をしたという人は一人もいないといわれています。それでもやはりレーシックは手術には変わりがありませんし、やはり目にレーザーを当てるような施術ですからレーシックで失明するのではないかと不安に思う人も中にはいると思います。しかしレーシックで過去に失明をしたということは一度もないと言われていますから安心してもいいのではないでしょうか。手術には変わりがありませんが、他の外科的な手術に比べてみると失敗するという可能性はかなり低いといってもいいと思います。失明をしたという症例がないレーシックではありますが、やはりレーシックにはそれなりにデメリットや失敗というのはあります。これから手術を受けようと考えている人の場合にはレーシックを受けて起こりうる失敗やリスクなどについてもよく考えたうえで受けるというのが一番ではないでしょうか。失明する可能性は極めて低く、過去にも一度も失明をしたという話はありません。しかしこれから先何がどうなるのかわかりませんから、もしかするとレーシックでも失敗をしたりする可能性はあると思います。よく確認したうえで受けましょう。