MENU

レーシックと後遺症

レーシックはとても安全な視力回復術といわれてはいるのですが、必ずしも安全であるという保障はありません。なぜならレーシックを受けたことがある人の中には後遺症が残ってしまうという人もいるといわれているからです。レーシックの後遺症として一番よくあるものとしては、ドライアイの症状があります。これは角膜のレーザーを当てることによって角膜の動きが鈍くなってしまいます。そのことから瞬きをする回数などが減っていくことがあります。そのことから目が乾燥している状態が続くためにレーシックではドライアイになるという人が多いと言われているのです。そしてレーシックの後遺症としては一時的ではありますが不正乱視の状態になったり、またはコントラストが少し弱まってしまう、近視の状態に戻ってしまうといったようなものもあります。また光が発光しているところをみると、その周りがぼやけて見えてしまうというようなハロ減少という後遺症が残るという人もいます。レーシックの後遺症としてよくあるものを紹介しましたが中にはセントラルアイランドという後遺症に悩まされる人もいます。セントラルアイランドの症状というのはレーザーをあててから、角膜の中に削り残しができて島みたいにもりあがってしまったことが原因で起きてしまう症状のことをいいます。ヘイズという角膜の細胞が酸素がなくなって死んでしまい、透明である角膜が白く濁ってしまうという症状があります。