MENU

レーシックのデメリット

レーシックのデメリットを紹介していきたいと思います。これからレーシックを受けるという人はメリットや魅力だけではなくきちんとデメリットについても理解しておくことが必要です。レーシックというのは安全であるというイメージがついていますが、全くリスクやデメリットがないというわけではりません。レーシックのデメリットも理解したうえで施術を受けなければ後々トラブルになったり後悔してしまう可能性もありますから十分に注意しましょう。レーシックの手術はエキシマレーザーを使って行います。このレーザーはとても安全であるといわれているのですが、やはりレーザーを目に当てることには違いありませんからリスクと紙一重だと思っていただいた方がいいと思います。レーシックで失明を心配される人もいますが、失明をするほどの危険はありませんから安心して下さい。レーシックの手術は一度カットした角膜を、レーザーを当ててからまたもとにもどして自然にくっつくまでおいておくので、その際にどうしても合併症が起きてしまったり、後遺症が起きるというリスクがついてくるのです。レーシックのデメリットとしてよくあるのがドライアイの症状です。そして他ににも感染症が起きて目の透明である部分が白く濁ってしまうという人もいます。副作用中たちで夜になると視力がわるくなるというような人などもいます。時間がたてば改善する場合が多いですが、何ヶ月経っても残っているという人もいます。