MENU

レーシックの再手術

レーシックでは再手術が必要な人というのがいます。どのような場合に再手術をしなければいけないのかというと、レーシックを受けたのに思ったように視力が回復しないというような場合に受けるケースが多いとされています。施術の方法が悪かったので失敗をして視力が戻らなかったという考え方ではなくて、受ける本人の視力のもともとの状態が悪かったり、角膜の状況によっては起こりうることです。レーシックは視力か服を目的として角膜を削って手術を行います。目にフラップという蓋を作ることでそこから角膜にレーザーを当てて角膜を削って視力を回復させる手術です。角膜が薄い人などはレーシックを受けてもなかなか視力が回復しにくい傾向にあるということが分かっています。角膜を削り過ぎてもよくないので、ある基準のところでやめてしまっているのです。そのことからレーシックの手術を受けてもなかなか視力が回復しないという人が出てきています。そういった症状に当てはまった場合には、少し期間を置いてから、改めてまたレーシックの再手術を行うということになりますが、その際にかかる費用は無料のところが多いです。通常のレーシックで再手術になる結果になった場合には、レーシックの手術方法を変えて、イントラレーシックが行われることが一般的で、こちらはメスを使わずに機械を使ってフラップを作るレーシックの方法です。再手術は失敗ではありません。その人の目によっては再手術が必要なこともあるのです。