MENU

レーシックの痛み

これからレーシックを受ける人は気になるのが手術中の痛みについてではないでしょうか。レーシックは安全である手術として知られていますが、安全であることと痛みとは別問題です。レーシックの手術をする際にはレーザーを当てて角膜を削りますから、目が痛むということはないのでしょうか。まずレーシックの手術を行う際には麻酔をします。点眼麻酔といって、目薬のように液体の麻酔をします。麻酔をしますから、痛みは感じません。手術と言えば体の色々な部分に麻酔をかけて行いますが、実は目というのは一番麻酔がよくきくといわれていますから、安心して受けることができるのです。手術をしている時に感じる痛みは麻酔をしているために全くありませんが、人によっては痛みはないのですが違和感は感じるという人もいるかもしれません。目にレーザーを当てている時や削っている時などに、圧迫されているような痛みを感じるという人は中に入るようです。しかしそれはあくまでも違和感や圧迫感ですから痛みではありません。手術中の痛みはほとんど感じないといってもいいのです。そして手術後に麻酔がきれればレーシックの痛みが強く感じられるのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、こちらも数時間後に少し痛みを感じる人も稀にいるといわれていますが、処方された薬を飲めばすぐに治まりますから、それほど我慢ができないほどの痛みであるとか、苦痛を感じるということは一切ありません。