MENU

レーシックと事故

レーシックは安全だとは言われていますが本当に安全なのでしょうか。過去に事故というのはないのでしょうか。レーシックでは過去にも事故というのはもちろんありましたが、事故が起きたとしても迅速に対応してもらえればなんとか最低範囲で留めることは可能です。眼科専門医がいるクリニックで受けることを守れば、万が一の時に備えても安心ではないでしょうか。過去にあったレーシックでの事故をすこし紹介したいと思います。過去にあったのですが角膜の表面を削る際に、少し規定よりも深くまで削ってしまったために、角膜に入れた雌の刃が水晶体を傷つけていました。レーシックを受けた患者が白内障になりました。その人はどうなったかというと、すぐに大学病院に搬送されて白内障の手術を実施したのですが、白内障をなすことはできず、角膜移植をしないといけないことになったそうです。他にも、レーシックで実際に起きた事故としては角膜がこちらも深く削られ過ぎたのですが角膜は残っていたのですぐに糸で縫ったんだそうです。糸で縫ったのはよかったのですが、その糸に問題がありました。その糸は普通の外科手術で使われている太めのシルクの糸が利用されていました。ですから、患者の目にこの糸が使われたので、乱視の状態になってしまいました。しかしこのケースは幸い治療をしたので元に戻ったようです。このように眼科専門医がいるクリニックでもレーシックで事故が起きることは全くないとは言いきれないのです。