MENU

レーシックと年齢

レーシックを受けたいと思っている人は、まず年齢条件をクリアしているかどうか確かめてみましょう。レーシックを受けられる年齢というのは決まっています。20歳から60歳までがレーシックの適応年齢ということになっています。なぜ20歳未満の人は受けられないのか、20歳未満でも病気にかかっていない人ならレーシックを受けることは可能なのですが60歳以上というのはレーシックはどんな条件をクリアしていても受けられないのです。なぜなら年齢が加齢になるほど白内障になったり緑内障になる可能性というのは高くなります。目に病気にかかってしまうとレーシックは受けられなくなるのでやはり60歳までということになっているのです。レーシックは角膜にレーザーを当てて行います。正視の人は年齢が進めば老眼になります。そしてそうなるとメガネやコンタクトをつけるケースが増えると思いますが、その際は、視力は0.7位に抑えておくのが一番だと言われていますので注意しましょう。レーシックは子供でも受けられるのかと思っている人もいるかもしれませんが基準は20歳で、こどものうちはまだ目が成長しますし、角膜も安定していませんし視力も安定していないためにレーシックを受けることはできません。レーシックをこれから受けたいと思っている人は、自分が年齢条件をクリアしているのかどうか確認したうえで受けるようにするのがいいでしょう。そうしなければクリニックに行って受けられないことになります。