MENU

レーシックと視力低下

レーシックを受ける人の中には施術をしてからしばらくすると視力低下を体験するという人がいるといわれています。だいたいレーシックを受けてから1ヵ月から3か月くらいすれば、視力は動くことがなく安定して落ち着いてくるとは言われているのですが、時間がたてばたつほどに視力低下の症状が現れる人はいるといわれています。レーシックで視力回復をしたのに、レーシックで視力以下になるのはなぜなのかと思っている人もいるかもしれませんが、これは誰にでも起きる可能性のあることですから安心して下さい。レーシックを受けた後の目というのは自然治癒力が働いて、レーシックで作った角膜が自然に元に戻ろうとする力が働きます。この力が働くことによってレーシック施術後の視力低下があります。誰でもあることなので、しかも一時的なことですからレーシック術後に視力低下があったとしても、気にしなくても大丈夫です。個人差があって誰もが視力低下になるというわけでもありませんし、逆に視力低下のまま数日たっても回復しないという人も中にはいるといわれています。視力低下の状態が長く続いているというような場合には少し問題があると思われますので、その場合は早めにレーシックを受けた病院へ行って診てもらいましょう。場合によっては再手術を受けなければいけないこともあるかもしれません。ほとんどの人は、だいたい1ヵ月から3か月もすれば視力が落ち着いてきますから安心して下さい。