MENU

レーシックと白内障

レーシックの施術は白内障の人設けることができるのでしょうか。白内障というのは水晶体が濁ってしまうことで眩しいと感じてしまったりぼやけて見える視力の状態をいいます。白内障の原因は主に老化が原因の一つとされているのですが、遺伝もありますし、薬による副作用で白内障になるというケースもあるといわれています。白内障を治療する方法は薬で治療をする方法と、手術を受ける方法があるのですが、手術を受けて完治している人はたくさんいます。レーシックを受けた人が白内障の手術を将来的に受けるということになった場合には注意しなければいけないことがあります。それは、白内障の手術で眼内レンズを決めるときにはレーシックを受ける前のデータなどが必要です。ですから将来的にレーシックを受けた人が白内障になって手術を受けるということになった場合には、レーシックを受けた眼科で、受ける前のデータを取り寄せて調べなければいけません。しかし例えば20歳でレーシックを受けた人が70歳になったとき50年後にその眼科があるのかどうかもわかりませんし、あったとしてもデータが残っているのかどうかも分かっていません。もしもデータなどをもらうことができるのであれば、レーシックを受けた時点で将来に備えておくと万が一の時に慌てなくても済むかもしれません。レーシックと白内障の手術は少し注意が必要なので、そのことはレーシックを受ける前から理解しておきましょう。