MENU

レーシックを超えたRELEXという最新治療が受けられます

新宿近視クリニックではその人にあったレーシック治療を行ってくれます。
また最新の治療ではレーシックを超えたRELEXという治療法もあります。
RELEXではレーシックのようなフラップを作らずに角膜に小さな傷をつけてその切り口から角膜片をを除去して視力を回復させるという方法です。
この視力回復手術のポイントは、ほとんど切らないこと、シート状に角膜を除去するので安全性が高い、1台の機械ですべて終了するというところです。
レーシックだと約28mmも切らないといけないのですが、RELEXだと3mm以下でOKと切開幅がレーシックよりも80%以上も少なくて済み、術後のドライアイや炎症、近視への戻りが少ないんです。
また角膜の強度があるので格闘技などのスポーツもできます。
そして10年保証もきちんとついているので安心です。
価格はレーシックよりも高めで両目で30万5,000円、片目だと16万2,500円です。
角膜にかかる負担や術後の経過を考えるとレーシックよりもRELEXの方がトラブルが少なく快適に過ごせます。